日本年金機構から短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大の概要が公表されました。
今後の労務管理上必要な部分ですので詳細要チェックです。

(概要)
平成28年10月より短時間労働者も一定条件のもと社会保険が適用となります。

(適用要件)
①特定適用事業所に雇用されている 

 ※特定適用事業所とは同一事業主の適用事業所の厚生年金保険の被保険者数の合計が、1年で6ヶ月以上500人を超えることが見込まれる。

②週の所定労働時間が20時間以上であること
 ※雇用契約書等によりその者が通常の週に勤務すべき時間

③ 雇用期間が1年以上見込まれること
 ※期間の定めがない、または雇用期間が1年以上、雇用期間が1年未満であっても更新される可能性がある旨明示している場合など
 ※平成28年10月1日より前から引き続き雇用されている者については、平成28年10月1日から起算して1年以上雇用見込みがあるか否かで判断

④賃金の月額が8.8万円以上であること
 ※ 週給、日給、時給をつき額に換算したものに、各諸手当を含めた所定内賃金の合計が8.8万円以上
 ※ 以下の賃金は除く
   ・臨時に支払われる賃金及び1月を超える期間ごとに支払われる賃金(例:結婚手当、賞与等)
   ・時間外労働、休日労働及び深夜労働に対して支払われる賃金(例:割増賃金等)
   ・最低賃金法で算入しないことを定める賃金(例:精皆勤手当、通勤手当、家族手当)

⑤学生でないこと
 ※ 雇用保険の取り扱い同様
 ※ただし、あくまで20時間以上30時間未満(通常労働者の所定労働時間の4分の3に満たない)場合のみであり、おおむね4分の3以上であれば今まで通り加入対象となる。 

(等級の追加)
8.8万円の基準追加により一番下の等級が加わります。
1等級 88,000円 (報酬月額:~93,000円)

その他詳細については以下でご確認ください。
日本年金機構HP  

なお、特定適用事業所に該当する場合は、日本年金機構より該当する通知が届きます。
その場合は特に特定適用事業所になる届出の必要はありません。
手続きその他詳細についてはまだのようです。

雇用管理においてアルバイト・パート・嘱託等現状は該当していなくても、10月以降該当する場合があります。
事前に条件を確認し、手取りや扶養関係も含め検討が必要です。

採用・労務管理、就業規則の見直しチェックなら

埼玉・上尾の社労士「金子社会保険労務士事務所」へ!!  
(助成金や給与、労働・社会保険手続き等のご相談もお気軽にお問い合わせください)

金子社会保険労務士事務所HP   
 
(対応エリア 埼玉・東京)

上尾市、さいたま市、川越市、桶川市、北本市、蓮田市、伊奈町、鴻巣市、久喜市、白岡市

その他東京全域、群馬・栃木・茨城・千葉も対応しております。お気軽にご相談ください 。