kanekosharoushi

金子社労士のblog

当事務所は企業発展のため人事実務のサポートのみならず、
人事労務のご相談、人材採用、人件費削減から人材育成に関してのお悩みも解決いたします。

詳しくは当事務所のHPをご覧ください。 金子社会保険労務士事務所HP

金子社会保険事務所の公式ブログです。
法改正情報、労務管理情報、その他経営者・人事担当者として押さえたい情報を幅広く社労士目線で提供いたします。
公式HP:金子社会保険労務士事務所HP
Facebook:金子社会保険労務士事務所Facebookページ
11 12月

「女性活躍推進法」平成28年4月1日施行(事業主の義務とは?)

正式名称は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」

少子高齢化、労働力人口の減少が背景にありますが、
女性が能力を高めつつ継続就業できる職場環境作りを整備し、女性の活躍を推進していく法律です。

政府は「指導的地位に占める女性の割合を2020年までに30%とする」目標を掲げております。

平成28年4月1日施行により事業主には行動計画策定・届出等が義務になります。

(義務対象となる事業主)
 
 ・常時301人以上の労働者を雇用する事業主

     ※300人以下の場合は努力義務

(平成28年4月1日までにしておくことは? 大きく4つ)

 (1)自社の女性の活躍に関する状況把握、課題分析
   
    【状況把握、課題分析における参考基礎項目】
     ①採用した労働者に占める女性労働者の割合
     ②男女の平均継続勤務年数の差異
     ③労働者の各月ごとの平均残業時間数等の労働時間の状況
     ④管理職に占める女性労働者の割合

 (2)状況把握、課題分析を踏まえた行動計画の策定、社内周知、公
   
    【行動計画】
      以下項目を盛り込むこととされています。
       (a)計画期間、(b)数値目標、(c)取組内容、(d)取組の実施時期

    【社内周知方法】
      見やすい位置に掲示、電子メール、イントラネットへの掲示など

    【外部公表方法】
      ・厚生労働省が運営する「女性の活躍・両立支援総合サイト」への掲載
      ・自社HPなど
   
 (3)行動計画を策定した旨の都道府県労働局への届出
      ※義務となる事業主は平成28年4月1日までに提出

 (4)女性の活躍に関する状況の情報の公表 
     ※情報公表先(女性の活用推進企業データベース)についてはこちらを参照
           女性の活躍推進企業データベース

    【公表項目(1項目以上公表)】
      ① 採用 ・・・・採用した労働者に占める女性労働者の割合 など
      ② 継続就業・働き方改革・・・男女の平均継続勤務年数の差異 など
      ③ 評価・登用・・・・管理職に占める女性労働者の割合 など
      ④再チャレンジ(多様なキャリアコース) ・・・男女別の職種又は雇用形態の転換実績 など


法制定の目的でもある女性活躍は企業にとっても多様な働き方を進めるうえで重要です。
300人以下の企業でも採用および今後の企業発展ためにも是非活用を進めていく必要がありますね。

策定・届出を行った企業のうち取り組み実施状況が優良な企業は申請により
厚生労働大臣の優良企業認定を受けることができます。
採用活動、企業イメージ広報等に活用できそうです。

その他詳細については以下でご確認ください。
女性活躍推進法特集ページ(厚生労働省)

 

採用・労務管理のご相談、労働契約書のチェック、就業規則のチェックなら
埼玉・上尾の社労士「金子社会保険労務士事務所」へ!!  
金子社会保険労務士事務所HP   
 
(対応中心エリア 埼玉)

上尾市、さいたま市、川越市、桶川市、北本市、蓮田市、伊奈町、鴻巣市、久喜市、白岡市
その他東京都内、県外も対応しております。お気軽にご相談ください 。
9 12月

「改正障害者雇用促進法」施行(平成28年4月1日から)

平成25年6月に成立・公布された「改正障害者雇用促進法」が平成28年4月1日より施行されます。
これは障害者に対し、雇用分野における差別禁止、合理的配慮の提供義務、苦情処理・紛争解決援助について定めた法律です。
なお雇用に限らず障害者の差別解消として定められた法律「障害者差別解消法」も同日に施行されます。

今回の改正ポイントは3つ
 
 ①障害者に対する差別の禁止
   ※障害者を理由とし、採用・労働条件(賃金、昇給、教育訓練等)を差別してはいけません。

 ②合理的配慮の提供義務
   ※職場で働く障害者の支障となっている事情を改善するための必要な措置を講ずる義務があります。
     例1)車椅子を使用している方のために机の高さを調節する
     例2)知的障害を持つ方のた めに分かりやすい文書・絵図を用いて説明する
     例3)精神障害を持つ方のためにできるだけ静かな場所で休憩できるようにする
   ただし、多額の費用を要する場合や立地や施設所有状況等で過重な負担となる場合には合理的配慮を提供する義務はありません。 (単に費用を要するからという理由だけでは該当しません)

 ③苦情処理・紛争解決援助
   ※障害者から①②に対する苦情があった場合、事業主は自主解決する努力義務があります。
   ※ 紛争調整委員会による調停、都道府県労働局長による勧告等があります。

経営者および人事担当者は、上記ポイントをおさえた上で労務管理を行う必要があります。

なお、法定雇用率の算定基礎の見直し(精神障害者の追加)については、平成30年4月1日施行予定です。

(参考)障害者雇用解消法(各事業者向けのガイドライン(厚生労働省))
 障害者差別解消法

採用・労務管理のご相談、労働契約書のチェック、就業規則のチェックなら
埼玉・上尾の社労士「金子社会保険労務士事務所」へ!!  
金子社会保険労務士事務所HP   
 
(対応中心エリア 埼玉)

上尾市、さいたま市、川越市、桶川市、北本市、蓮田市、伊奈町、鴻巣市、久喜市、白岡市
その他東京都内、県外も対応しております。お気軽にご相談ください 。
8 12月

仕事と介護の両立支援制度案

平成27年12月7日労働政策審議会雇用均等分科会にて
「仕事と介護の両立支援制度(見直しイメージ案)」が公表されました。
来年以降に法改正も想定されますので、確認しておくと良いでしょう。

(見直し案のポイント)
①介護休業の分割取得(93日を3回まで分割可)
② 介護休暇の半日取得可(1日4時間以下の労働の場合は適用除外)
③所定労働時間の短縮措置等(以下の1から4のいずれか1つ以上選択) 
 (1)短時間勤務制度
 (2)フレックス
タイム制度
 (3)始業・終業時刻の繰り上げ・繰り下げ
 (4)介護サービスを
利用する場合、労働者が負担する費用を助成する制度その他これに準ずる制度

その他所定労働時間の免除、時間外労働・深夜業の制限等が案で盛り込まれいます。

詳細は厚生労働省の以下のページでご確認ください。
第166回労働政策審議会雇用均等分科会

介護を抱える労働者が今後も増えてきます。
40歳〜50歳の働き盛りの労働者が親を介護する場面が多く発生している企業も多くあると思います。
企業としては優秀な人材確保する為にも、柔軟な働き方の提供を早めに取り組む必要があります。

採用・労務管理のご相談、労働契約書のチェック、就業規則のチェックなら
埼玉・上尾の社労士「金子社会保険労務士事務所」へ!!  
金子社会保険労務士事務所HP   
 
(対応中心エリア 埼玉)

上尾市、さいたま市、川越市、桶川市、北本市、蓮田市、伊奈町、鴻巣市、久喜市、白岡市
その他東京都内、県外も対応しております。お気軽にご相談ください 。
記事検索
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
読者登録
金子社会保険労務士事務所
金子社会保険労務士事務所 公式HP

【業務内容】
就業規則の作成、見直し
労働・社会保険、給与計算手続き
人事・労務に関するご相談
採用・社員教育に関するご相談
助成金に関するご相談

HPからお気軽にお問い合わせください。
HPからのお問い合わせ

お電話またはFAXはこちら
TEL:048-782-5092
FAX:048-782-5093
プロフィール

金子社労士

「最新トラックバック」は提供を終了しました。


「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
RSS
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ